アプリで広告の実装を試してみようとする(1)

アプリでの広告の実装方法を調べる

アプリでの広告の実装方法を調べる
現在、バナー広告しか使ってないので 他の広告について、調べて実装したい。 後で調べるためのメモです。。。 インタースティシャル広告の実装方法を調べて、試してみる 動画リワード広告について調べて、試して...

上で書いたのをやってみる

まずこれを見ながら

Admobのインタースティシャル広告実装方法 -Swift4.0
Google Admobでの広告実装方法です。 アプリを使っているとめちゃくちゃうざいと思うことも多いですが、…

※CocoaPodsを使います。インストールしている前提

遠い記憶でCocoaPodsは聞いたことあるけどなんだっけ

(というレベルの私)

なのでCocoaPodsで検索

初心者向け CocoaPods の使い方 [導入編] - Goalist Developers Blog
こんちは。渡部です。 今回はCocoaPodsについて書きます。 ライブラリを使う際にGitHubからダウンロードして プロジェクトにファイルを追加してる絶滅寸前の方達に参考にしていただければと思います。 CocoaPodsってなによ? iOSやMac向けアプリで使用するライブラリを管理してくれるものです。 GitHu...

iOSやMac向けアプリで使用するライブラリを管理してくれるものです。

インストールするって書いてあるけど

前にインストールしたことあるような気がする

ターミナルに

sudo gem update —system

ってしてもなんかうまくいかない(?)

多分インストール済んでいるような気がするので

とりあえず飛ばす。

pod setup

で、

https://fussan-blog.com/xcode-cocoapods-install/

1.まずターミナルを開いて、「CocoaPods」を使いたいXcodeのプロジェクトファイルがあるディレクトリに移動します。(〇〇〇.xcodeprojというファイル)

2. 次にそのディレクトで以下のコマンドを実行します

 pod init

このコマンドで、ディレクトリに「Podfile」というファイルが作成されます

なるほど

3. viでPodfileを開く

4. ライブラリの追加

ここでやっと最初のリンクに戻って

Admobのインタースティシャル広告実装方法 -Swift4.0

Use_frameworks!の下に二つ追加する

use_frameworks!
pod ‘Firebase/Core’
pod ‘Firebase/AdMob’

で、もう次がこう書いてあって、えーっと、ってなる

Xcode実装するサンプルコード

[Xcode]CocoaPodsのインストールと使い方 | Fussan Blog

あとはプロジェクトファイルの中で、ライブラリをインポートしてやれば使うことができます。

ライブラリのインストールが終わった後にプロジェクトファイルを開くと思いますが、ライブラリが追加された.xcworkspaceという新しいファイルが作られているので、そちらを開いて作業してください。

〇〇〇.xcodeproj → 〇〇〇.xcworkspace

もし.xcodeprojを開いちゃうとライブラリを使えないので気をつけてくださいね!

ここに開くファイルについての親切な記述がある

うん、確か前もそうだったようなおぼろげな記憶。

で、さっきのこれを

Xcode実装するサンプルコード

さて真似してみるか、と思いきや

import GoogleMobileAds //CocoaPodsなどで用意した「GoogleMobileAds」のインストール

は?

入れてませんけど、、、となる。

何しろアプリ作ったの半年ぐらい前なので

なんかよくわからないのであります・・・

なので次は「GoogleMobileAds」で検索する

[iPhone] GoogleMobileAds SDKでAdMobをアプリに貼る
今までのSDKのみでAdMobを設定する方法です。FirebaseでのAdMobをGoogleは推奨していますが、iOS6は対応できなかったりしますので古いSDKのみの方法も残っていてるようです。 

あーなんかそういえばこんなのやったような気がする・・・

続きは次回(多分)