Unityで簡単な2Dゲームを作る(4)スクリプトを用意する。

Unityで簡単な2Dゲームを作る(3)ゲーム画面を作る。アイテムの追加

Unityで簡単な2Dゲームを作る(3)ゲーム画面を作る。アイテムの追加
Unityで簡単な2Dゲームを作る(2)ゲーム画面を作る。プレイヤーの追加 続きです。 ・上から落ちてくるアイテムを追加(量産 Prefab) ・プレイヤーと上から落ちてくるアイテムの当たり判定を追加 ・当たり判...

続きです。

スクリプトは一切書かずにここまできましたが、

いよいよ書いていきたいと思います。

プレイヤーコントローラスクリプト

アイテムコントローラスクリプト

アイテムジェネレータスクリプト

監督スプリクト

◎プレイヤーコントローラスクリプトには、

ボタン操作で左右に動く処理を書きます。

public void ButtonLeftDown(){
        transform.Translate(1, 0, 0);
    }

    public void ButtonRightDown(){
        transform.Translate(1, 0, 0);
    }

◎アイテムコントローラスクリプトには、

プレイヤーに衝突した時の処理を書きます。

(具体的には、アイテムを消す&監督スクリプトに衝突の通知をします。)

private void OnCollisionEnter2D(Collision2D collision)
    {
        GameObject director = GameObject.Find(“GameDirector”);
        director.GetComponent<GameDirector>().ChkCount(this.gameObject.tag);
        Destroy(gameObject);
    }

◎アイテムジェネレータスクリプトには、

アイテム量産の処理を書きます。

  public GameObject candyPrefab;

 float span = 1.0f;

 float delta = 0;

 void Update() { 

    this.delta += Time.deltaTime;

    if (this.delta > this.span) {

         this.delta = 0;

         GameObject cp = Instantiate(candyPrefab) as GameObject;

         int px = Random.Range(6, 7);

         cp.transform.position = new Vector3(px, 7, 0); 

    }

 }

◎監督スクリプトには

アイテムコントローラスクリプトから衝突の通知が来た時の処理を追加します。

public void ChkCount(string tag){
        if(tag == “candy”){


        }

}

続く

f:id:marimoko3:20181020091509g:plain

参考書はこちらです。

この本に「ゲーム設計」について、何を考えたらいいか詳しく書かれています。

Unityの教科書 Unity 2017完全対応版 2D&3Dスマートフォンゲーム入門講座 (Entertainment&IDEA)

Unityの教科書 Unity 2017完全対応版 2D&3Dスマートフォンゲーム入門講座 (Entertainment&IDEA)

  • 作者: 北村愛実
  • 出版社/メーカー: SBクリエイティブ
  • 発売日: 2017/09/21
  • メディア: 単行本

Unityの寺子屋 定番スマホゲーム開発入門

Unityの寺子屋 定番スマホゲーム開発入門

  • 作者: いたのくまんぼう,大槻有一郎
  • 出版社/メーカー: エムディエヌコーポレーション(MdN)
  • 発売日: 2017/08/16
  • メディア: Kindle版