2018年に作ったiPhoneアプリの一覧と所感。

スマホアプリ

↓Crieitに2018年を振り返っての思いを書きました。広告ではありません(^-^)

今年スマホアプリを作ってプログラマーになった40代女性の話。 - Crieit
約6年ぐらい前、「C言語がわかるならiPhoneアプリを作ればいい」と言われた時、私はMacを持っていませんでした。Macは憧れの対象ではありましたが高級品で、当時、職業訓練校に行っていた身としては買えると思っていなかったのです。(話...

↑この記事はTwitterでシェアしたら、多くの人に喜んでもらえたようで、とても嬉しいです。誰かの勇気になったらいいなという理由で、40代を強調(?)しています。

 

■2018年 冬リリース

Let’s harvest the beans!
https://itunes.apple.com/jp/app/id1446797702?mt=8

久しぶりの4作目です。Unity(C#)で作りました。

とても可愛いイラストをプロのイラストレーターの友人に描いてもらったので、とても素敵に仕上がりました。やはり絵は偉大ですね。

前作もほぼそうですが、言語を分ける手間を省いてボタンの文字とか全部英語です。相変わらずゲームの内容にオリジナリティはないですが、シンプルなのでチュートリアルなくても大丈夫そうです。

 

■2018年 春リリース

お店屋さんごっこをしよう
https://itunes.apple.com/jp/app/id1374286538?mt=8

3作目です。Unity(C#)で作りました。これは在宅可のスマホアプリ製作のパートに応募するために作った作品です。大急ぎで10日(80~100時間ぐらい?)で作りました。Unity本を何冊かやった後、キャラクターを横に動かす方法も何もわからなくて、ほぼネットで検索しながら作りました。

最初は難易度などのバランスが取れていなかったので、何度かバージョンアップしてステージを増やしたり修正しました。海外にも配信していて、少しずつではありますが、ずっとダウンロードしてもらえていて嬉しいです。

 

どうぶつ星占い
https://itunes.apple.com/jp/app/id1366705174?mt=8

2作目です。検索に引っかかりやすいタイトルにしてあります(笑)。Swiftで作りました。同じ日に占いをした場合は、同じラッキーアイテムなどが出るように工夫しております。本当は日記機能とかもつけたかったのですが、リリース速度を優先しました。

ちなみに占い系はよくダウンロードされる気がします。それと毎日使えるようになっているのでしばらくは継続して使ってくれているようでありがたいです。

 

ともpカフェおみくじ
https://itunes.apple.com/jp/app/id1364813970?mt=8

大好きなともpカフェのぶたさんの絵を使ってアプリを作ってもいいですか?と許可をいただいてSwiftで作ったものです。今はカフェありませんが、ぶたさんの可愛らしさは永遠です。大好きです。